脱毛の種類と永久脱毛について

脱毛には幾つかの方法が有ります。
クリニックなどで行なわれる脱毛は、医療レーザーを使った脱毛で、永久脱毛が可能な方法です。

また、光脱毛と呼ばれる、光を照射させる脱毛も有ります。



光脱毛は、医療レーザー脱毛と似ている部分が有りますが、施術を行う施設の光出力が弱い場合、脱毛の効果は薄くなると言います。
その他にも、電気脱毛や絶縁針脱毛と言う方法もあります。



電気脱毛は、ニードル脱毛と呼ばれているもので、絶縁針脱毛と似ている方法です。しかし、絶縁針脱毛は、絶縁針を利用して行いますので、皮膚へのダメージが少ないと言われている手法なのです。



これは医療行為を伴う方法である事からも、クリニックなどで行われる脱毛となります。

絶縁針脱毛は、医療レーザー脱毛と同じ様に永久脱毛として存在する方法です。

確実に脱毛が出来るのですが、毛穴に1本1本絶縁針を挿入して脱毛を行っていきますので、時間がかかると言うデメリットが有るのです。

ところで、永久脱毛と普通の脱毛の違いは何処に有るのかと言う事なのですが、普通の脱毛は処理を行う事で毛がなくなりますが、完全に毛が無くなるわけではなく、時間と伴に再び毛が生えてくる事になります。自己処理でムダ毛の処理を行う場合などがこれに該当します。

しかし、医療レーザー脱毛や、絶縁針脱毛などの手法では、発毛組織を破壊していきますので、破壊された部分から毛が生えてくる事は有りません。
そのため永久性を得られるのです。